豊島区での葬儀

豊島区の葬儀事情

豊島区の葬儀事情の写真

豊島区は住民の入れ替わりが激しい地域なので、特に地域の風習はありません。しかし、豊島区には「通夜振る舞い」と呼ばれる、一般の参列者が葬儀の際に一口食べてしまう風習があるので、遠方から来た人は注意が必要です。

豊島区の葬儀の多くは、葬儀が終わった後に出棺して火葬する「後火葬」です。豊島区ではお通夜に参列する人が多く、親族を中心に葬儀や告別式が行われることが多いです。また、豊島区では、お通夜に参列した人には食事を振る舞います。焼香を終えた人は順番に別室に案内され、軽食とお酒が振る舞われます。食事が省略された場合は、手土産が用意されることもあります。

豊島区は人口が多いため、公共施設や火葬場を併設した民間施設など、人気の高い会場は1週間前まで予約が埋まっているところもあります。そのため、7日後にお通夜が行われることも珍しくなく、他の地域の方には珍しいと思われるかもしれません。

豊島区で葬儀を行う場合には、亡くなってから葬儀までの間に数日の猶予ができる場合があります。もちろん、気にしなければ葬儀を急ぐことも可能ですが、落ち着いて準備を進められるように数日先延ばしにしたり、より都合の良い時間帯や場所を選んで式を挙げる人もいます。基本的には、葬儀の日取りを決める際には、まず火葬場の状況を確認して、それに合わせて式場を決めるようにしましょう。

葬儀にはかなりの地域差があり、昔からの風習や伝統の影響を強く受けています。地域の風習に従わないとマナー違反になることもあるので、まずは違いがあることを知っておくことが大切です。ここでは、東日本と西日本を例に、特に顕著な違いをご紹介します。