豊島区での葬儀

豊島区でおすすめの葬儀

豊島区でおすすめの葬儀の写真

葬儀には様々な種類があります。葬儀の規模や、行う儀式や工程の種類によって呼び方が異なります。古い慣習に基づくものもあれば、現代の新しい価値観に合わせた新しい形の葬儀も数多く登場しています。都心に位置する豊島区では、規模を小さくした新しい形の葬儀が人気を集めています。

一般葬

その名の通り、古くから行われている一般的な葬儀です。遺族や親族だけでなく、仕事関係者や地域住民、友人など、故人と生前に親交のあった人たちが葬儀に参列して故人を見送ります。通夜の翌日に行われる葬儀や告別式の他にも、出棺して火葬場に運ぶ出棺式、火葬場での最後の儀式、霊を上げるための法要など、様々な儀式が行われています。これは文字通り、古来より行われてきた一般的な葬儀の形です。遺族や親族だけでなく、友人や同僚、近所の人など幅広い人が参列します。

家族葬

高齢化が進み、核家族化が進む近年、このような葬儀が増加傾向にあります。家族葬」と呼ばれていますが、家族だけでなく、故人と親しかった親族や友人などが参列することが多いです。参列者は10人から30人程度のことが多く、小規模な葬儀となります。つまり、小規模な一般葬と言えるでしょう。高齢化や核家族化などにより、近年増加傾向にある葬儀の一つです。家族や親族、故人と親しかった人が中心となって行う小規模な葬儀です。規模は小さいですが、お通夜から告別式まで一般的な葬儀と同じ形式で行うため、簡易葬とは異なります。

一日葬

本来、葬儀は通夜式と告別式の2つに分かれて行われます。しかし、一日葬とは、通夜の儀式を簡略化したり、行わなかったりして、葬儀と告別式に重点を置いたものです。一日葬というと、葬儀全体が1日で終わるような印象を受けるかもしれませんが、実際には準備を含めて数日かけて行われます。通夜式はありませんが、前夜は仮通夜として翌日の準備に充てられます。通常の葬儀では、通夜と葬儀・告別式を別々の日に行います。これに対して、一日葬とは、通夜を行わずに、葬儀・告別式・火葬を1日で行うものです。ただし、実際には前日に準備をすることが多いです。

火葬(直葬・密葬)

通夜・葬儀・告別式がなく、火葬のみを行うタイプの葬儀です。火葬の前に遺族や関係者が集まり、10分程度の短い最後のお別れの挨拶をした後、遺体を火葬します。事前に僧侶に依頼して、火葬前に読経をしてもらうことも可能です。通夜・葬儀・告別式は行わず、火葬のみを行う葬儀です。葬儀社によって定義が曖昧で、病院などの死亡場所から直接火葬場に移動することを指す場合もあれば、火葬式と呼ぶ場合もあります。これが最も費用対効果の高い弔問形式です。葬儀の儀式が省略されていることがほとんどなので、遺族や親族の間で軋轢が生じることもありますので、思い出す時間やお別れの時間を確保して後悔のないようにすることが大切です。このタイプのお葬式は、家族葬と同様に、遺族を中心とした近親者が中心となって行います。しかし、このタイプのお葬式では、故人の死を周囲には秘密にしておきます。社葬や合同葬など、後日正式な「本葬」を行うことを前提とした葬儀のことを「密葬」といいます。