豊島区での葬儀

豊島区で人気の葬儀社の写真

豊島区で人気の葬儀社

豊島区には多くの葬儀社がありますが、大きく分けると専門葬儀社、互助会、JA・共済会の3つに分けることができます。

専門葬儀社

昔ながらの葬儀場のみの対応となります。地域に根ざした小規模な事業者から、県レベルの支援を受けられる中堅企業、全国展開している上場企業まで様々です。葬儀前の相談から葬儀後のケアまで、すべて自社スタッフが行います。葬儀社は最も数が多く、葬儀に特化した葬儀社です。自分の葬儀場(葬儀屋)を持っている人もいれば、持っていない人もいます。公営の大規模な葬儀社もありますが、ほとんどが地域密着型の家族経営の小規模な葬儀社です。ほとんどが地域密着型の家族経営の小規模な葬儀社です。会員制のところが多く、入会すると葬儀費用の割引などの会員特典があります。葬儀屋の役割は、葬儀の儀式を行うことです。しかし、葬儀は葬儀社、仕出し屋、ギフト会社、霊柩車会社など様々な人と連携して行われます。これらの様々な業者を調整するのが葬儀屋の仕事です。(他の業者への支払いは葬儀社が行い、喪主に一括で請求します。また、葬儀社によっては独自のホールがあるところとないところがあります。首都圏の葬儀社では、ホールを持たない葬儀社が多く、寺院の弔問ホールや公会堂を利用することが多いです。

共済組合

共済組合とは、加入者が毎月一定額を前払いすることで、冠婚葬祭などの冠婚葬祭のサービスを受けることができる制度です。契約者が希望する式場の規模や内容、現地の風習などを考慮して、契約金額や特典が異なるコースがあります。この会社は、将来の冠婚葬祭費用の前払いとして毎月一定の料金を支払うことで、冠婚葬祭の割引などのサービスを受けることができる会員制組織を運営しています。初回の分割払いをすると会員になりますが、全額を支払っていない場合は、完済した金額に差額を支払うことでサービスを利用できます。ただし、割賦販売法の対象となるため、慈善団体が倒産した場合は1/2の積立金が温存されます。それでも全額を保証するものではありません。そのため、ベネフィット協会の財務状況をよく確認し、自己責任で判断してください。また、葬儀費用の全てを積立金で賄えるわけではありませんので、どこまで積立金で賄えるのかを確認しておく必要があります。プランの解約も可能ですが、料金が発生します。

JA・生協

JAや生協などは、組合員サービスの一環として葬儀サービスを提供しています。自分の葬儀社を持っていて自分たちで葬儀を行う人もいれば、自分たちで葬儀を行わずに提携葬儀社に委託する人もいます。JAが運営する葬儀場は、地域の風習を重視し、近隣住民や組合員とともに施主の意向に沿った葬儀を行っています。JAの3分の1が葬儀場を運営しており、組合員が支払うJAの葬儀は全国展開しているが、サービスは地域によって異なる。協同組合の葬儀は組合員が利用できるもので、大きく分けて2つのタイプがあります。直営型では、生協が自分たちで葬儀場を建てて葬儀を行います。プロの葬儀社と提携しているJAもあれば、法人として独立しているJAもあります。また、多くのJAが非会員向けの葬儀サービスを提供しています。また、多くの協同組合では、プロの葬儀社と提携しています。一般的に協同組合は明確な価格設定が特徴で、JAも協同組合も形態やサービスは様々です。

豊島区で葬儀をするなら豊島区の葬儀グランドセレモニーがおすすめです。